Black labeled page

アクセスカウンタ

zoom RSS アニメゲーム類の話

<<   作成日時 : 2014/10/05 10:54   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

祝 Fate/stay night Unlimited Blade Works放送



Fateは高校時代ドハマりしてゲーム漫画とそろえたもので、内容は知ってるが

やべーこれマジで来週楽しみだわーと思わせる作品に仕上がっている。

で、その後のクロスアンジュを見て( ゚д゚)ポカーン

1話の内容を要約すると
皇室の主人公が人類が突然変異した被差別民と判明、収容所送りされてそこでレイプされる

ここまでが1話

まぁ主人公が序盤でノーマは人間じゃないとか抜かしてたのでレイプされようが胸糞ではないが





現状分かってるのはなにかしら魔術か科学なのかは知らないがマナの力を行使して成立する社会構造を持った世界観

で、主人公をはじめとする女性にしか起こらない突然変異でマナの力を打ち消すノーマというものが生まれるらしい

で、このノーマは隔離施設送りでなにやら人類の敵対する生物とロボットで戦わされると

そしてコックピットはロボットもので少数派のバイク型 シートに座るのではなく前傾姿勢でまたがるタイプ

そして意味も無くついているステップのバンクセンサーに草生えたw

バイクは傾けることで車体と路面が接触し、タイヤそのものが浮き上がって転倒するのを防ぐためあらかじめステップに突起を設けて(ねじ式なので気に入らなければはずすことが出来る)そこが路面と接触することでライダーにバイクのバンク角を教えるものなのだが、このまたがるタイプのコックピットは機体底面に固定されているのにその部品要らなくね?つかステップ自体いらなくね?

まぁ、ネタ枠としてこれも視聴する予定






ゲームについてはトータル・イクリプス購入
現在はPC版から追加された帝都燃ゆをプレイ中

実際の戦闘機で言うF4Jに相当する戦術機である激震 マブラヴ本編ではあまり語られなかったがその操縦の難しさが良く表現されていた(前述のクロスアンジュはこの作品が基準で評価してるので?となる部分が多かった)

具体的には激震は古い型の機体であり、1977年ではエンジン出力が弱く飛行することが出来なかったため、飛行できるような空力設計になってなかった が、この作品中の1997年ではアビオニクスの更新、フライバイワイヤ仕様、エンジンの換装が行われており、F15をはじめとする第2世代、不知火をはじめとする第3世代機とは違い、飛行できる推力を手に入れたものの前述の空力があだとなりシビアな操縦性になっており、電子制御の補正と操縦者の感覚のズレからコントロール不能になることが多いとのこと

簡単に言えば車のタコ踊りみたいな状態になると

設定厨かつ世界観厨なので非常に面白かった

しかし、忙しくてあんまり出来ないなー アニメは土曜だから見れるけど

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アニメゲーム類の話 Black labeled page/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる