Black labeled page

アクセスカウンタ

zoom RSS アイルトン・セナ・トリビュート

<<   作成日時 : 2014/06/08 23:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

落ちた腕を強引に直すには馬鹿みたいな挙動のクルマに乗ればいい

と、いうことでVer.1.08で追加されたセナのキャリアを追体験できるモードをプレイ

1.カート
シルバーストン・ストウサーキット 目標タイム1分00
まあ、これは100cc2stのカートなんで余裕

2.F3マシン 2T-G搭載
ブランズ・ハッチ 目標タイム 43秒140(セナが予選で出したタイム)
画像


ヤマハ製の名機の2T-Gなら高回転型か?と思いきやトルクの盛り上がりも糞もないまるででコンフォートのようなエンジンだったでござる

できるだけブレーキを踏まない走りでクリア

画像


3.ロータス97T
モンツァ 目標タイム1分25秒084

画像

テンロクエンジンの癖にターボチャージドされ1000馬力68キロのトルクを持っている。

これがただの1000馬力なら管理人のいい遊び道具になるんだがドッカンターボの1000馬力である

まともにはしれるわけないよねー

モンツァは何とかセナのタイムを1秒更新

問題はブランズ・ハッチ 1分7秒169

広い高速コースのモンツァなら気にならなかったがこのクルマクソすぎだろ

今のいい子ちゃんカーとは違い、丁寧にブレーキングからターンイン

そんなんで曲がるわけないってのがこのクルマ

ドカンとブレーキ踏んで乱暴に加重載せてなんとかかんとか曲がっていく

で、そんなんじゃあクッソ遅いコーナリングになるから若干オーバースピード気味に進入

アクセルべた踏みでリアタイヤをスライドさせて帳尻合わせ

できるかそんなこと

このありえんほどでかいターボラグのせいでそんなことできません

幸いGT6にはどんなクルマにもトラクションコントロールがついてるから・・・

このトラコンくっそ頭悪いから使い物になりません 最弱にすればヘアピンの立ち上がりでクルマ横向きます

最強にすればヘアピンで一切スロットル踏みません 中間がないです まる

せめてセッティングできたらこんなゴミみたいなクルマでもそれらしくする自信があるができないというね

シルバーのタイムであきらめましたよっと


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アイルトン・セナ・トリビュート Black labeled page/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる