Black labeled page

アクセスカウンタ

zoom RSS GTAオンライン レース攻略 その2

<<   作成日時 : 2014/03/16 03:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

完全版はコースの撮影が終わるまでお待ちください

と、いうことで簡単な概要


グランドセフトオートのレースはなんでもありだが、めちゃくちゃにやれば勝てるわけではない

それこそグランツーリスモやフォルッツァ、ニードフォーのような駆け引きが必要である。

まず、勝ちたい場合はブロックやプッシング、PITマニューバーを駆使して相手を妨害する。

が、それは1位争いのときである。

下位同士で争ってるうちに1位が逃げてしまうのでチームプレイならいざしらず、勝ちを狙うなら協力すべきである。

基本的にGTAのレースは追い上げという2位以下にかかる加速補正、と1位の減速補正がある。

が、これはレースゲームのように期待できるものほどかかるわけではないが、操作がシビアになるという

特に意味のないおまけがついていたりする

そのため2位以下はスリップストリームを互いに掛け合うことで追いつく方法がある。

前走車の真後ろに入ることで空気抵抗を低減し、最高速を上げるテクニックであるがGTAはデフォルメされた挙動をするのでものすごい加速をする

そのため、前に出たら今度は後ろを引っ張って抜かしてもらい、もう一度前に出るといったことを1位に追いつくまで繰り返す

(また、1位と2位で繰り返すことで下位を引き離すことができるので邪魔が入らないようにすることもできる)

と、いうことでサンアンドレアス1周のような長距離レースでぶつけ合いするという時間の無駄なことを行ってるプレイヤーが多いがいきなりバトルは”犯罪記録”とか"軍拡競争”とかでやろう

あと、いくらレースゲームではないとはいえブレーキを踏んで減速しないと車は曲がってくれないのでそこを忘れてはいけない

また、サイドブレーキを使ってドリフトすることができるが操作がシビアなのと、コーナリング速度が上がるわけでもないので純粋に速さを求めるならマスターはしなくても良いが、コーナーの途中で障害物があったとき等に役立つので紹介する

写真は「屋根上のゴタゴタ」の途中

コーナー進入前に十分減速する ただし、滑らせて入るのでグリップよりもスピードは高め
また、コーナーのきっかけはできるだけ早いタイミングのほうがよい
画像


一瞬だけサイドブレーキを引いたらアクセルを踏みっぱなし
画像


走行抵抗でエンジンの回転が落ちるので一瞬だけアクセルを抜いて踏みなおすとタイヤが空転する

カウンターステアは自動であたるので自分で操作すると失敗する どちらかといえばインにハンドルを切ったほうがよい
写真ではアウト側にタイヤが切れてるが実際の操作ではインに切っている。
画像


車のグリップが戻りそうなところでカウンターステアとアクセル調整をする これでドリフトの飛距離と角度が微妙に変わる

ぶっちゃけ入り口の速度と角度でほぼ決まるのでこれは最後の微調整である
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
GTAオンライン レース攻略 その2 Black labeled page/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる