Black labeled page

アクセスカウンタ

zoom RSS 1SZ-FEエンジン

<<   作成日時 : 2012/12/23 15:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

初代ヴィッツおよびプラッツのリッターモデルに搭載されていたこのエンジン

以前学校の実習で1度バラしたことがあるが、最近センサー系の勉強の為カットモデルを見た際に思ったんだが

このエンジン実はスゲー良いエンジンじゃね?と思ったわけで

Wikiったところ、International Engine of the Year 1999を受賞してるわけで印象と実際の評価は同じであったと。

パワー厨の俺は特に気にも留めていなかったのであるが、(だからと言って高回転高出力特性のモデルは気に入らない)実際見ていくと下手なチューニングエンジンよりもいい物を使ってるぞと思うしだいで

ヘッドカバーはアルミ製で軽量化されており、ガスケットは1ピースである。

インテークマニホールドは樹脂製かつ、等長である。

樹脂である為軽量化および金属の鋳造における表面のざらつきがないことにより、吸気抵抗が少なくなっている。

エキゾーストマニホールドはステンレス製等長で、かつ肉薄で、これも軽量化に一役買っている。
(いわゆるタコ足マニホールドであり、排気圧力波により、他の気筒の排気に干渉し排気抵抗になることを防ぐ)

カムシャフトは中空であり、タペットと接する山側でない方(なんつーの?)の幅が削られており軽量化がされている。

まや、吸気側にVVT-iが装着されている。

タペットシムの中央部からカム山がオフセットすることによりモーメントを与え、常に当たり面を変えている。

BMWのバイク動画でもバルブ自体が回転してる所を見ると普通なのかな?

エンジンブロックは鋳鉄製であるが、肉薄であるため下手なアルミブロックよりも軽い

シリンダーからシリンダーまでの距離が近くコンパクトである。
(シリンダー壁が中空でウォータージャケットになっている為十分な冷却が行われているので強度面は十分)


このように車の重量部品を軽量化かつ、高効率にして言った結果はパワーではなく、

燃費に直結してると考えればかなり良いエンジンではないのかと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
I澤の解説まんまじゃねーかwww
SC430
2012/12/24 00:44
実は教授が解説する前に全部言い当ててキチガイ認定が下りたと言う・・・
R34マニア
2012/12/24 01:14
笑うしかねーわwww
SC430
2012/12/26 23:40
1SZ-FEエンジン Black labeled page/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる