Black labeled page

アクセスカウンタ

zoom RSS ヒマなのでアンサイクロペディア風に紹介する

<<   作成日時 : 2012/12/23 00:25   >>

かわいい ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 5

思いつきで行動を起こしやすい性分なもんで書いてみようと思ったわけだが

実態についてはねりごまのにーさんがコメントで書くだろうとして

日頃の自転車に対する恨みをこめてイメージのみで車種紹介をしてみる。


・ロードバイク

大層高額なだけあり、走行性能も高く、空力も良いためスピードの出る自転車である。

が乗る人間のことはあまり考えてないようであり、腰、尻、股間にダメージが蓄積されるようである。

1kg軽くなっただけで値段がウン十万違ってくるらしいがその差を痛感するほどの上り坂や長距離を走る人間が買うわけでもなく、実質はシャ●ルのバッグやプラチナのリングを装備して喜ぶメスと思考が同類の人間の購入者が多数である。

上記のことより、ナルシストの乗車率が高く周りを見ていない可能性が高いので接近する際は要注意である。

・クロスバイク

一般の自転車にちょっと差をつけたいオサレさんや通勤のサラリーマンが愛用する車種である。

ロードバイクに比べて比較的安価であるため自転車のビギナーが購入し、ろくなメンテもされずホームセンターの自転車にも負けるレベルにまで劣化している車両が多い。

また、量の増大は質の低下に繋がる為この車種には交通ルールを理解できない池沼乗車率が高い

・ピストバイク

競技用の車両のそのままに一般道に持ってきている硬派なマシン

車と同じく競技車両は公道を走ってはいけないため、保安基準に適合するため追加部品が必要である。

しかし、都会者気取りの田舎者がオサレと勘違いして乗るため車両の硬派さに対して乗ってる人間は軟派である。

当然頭の方も池沼であるため今日もブレーキ無しで道行く人々にグレイズしながら走り去っていく

また、カッコイイとされるスキッド走法であるが実際の所は小学生がやるドリフトもどきである。

・マウンテンバイク
オフロードを走破する為の大径ブロックタイヤと堅牢なフレームを持つ車両。

街中で見かけるソレらはほとんどオフロードを走れない見た目だけのハッタリモデルであるため実際の車両を知らない人間が大半である。

・ママチャリ
日本の交通事情にマッチするよう設計されてる為意外と侮れない性能を誇る自転車

今日も前後に荷物を満載し、我が道を行く

車道に出ることは稀であるため歩行者にとって大迷惑な車両で

ドライバーから見れば安全かと思いきや交差点で特攻をしてくるためナメてかかると痛い目に遭う場合もある。

・シティサイクル
ママチャリとクロスバイクの中間的な存在 悪く言えばどっちつかずなハンパ者

ママチャリよりも部品点数が少なく、かつ大径タイヤである為クロスバイクに迫るスピードが出せる車両

反面ブレーキやタイヤはママチャリのものと変わらないため止まりきれずあっちこっちで衝突事故を起こしている。

乗っている人間も厨房、工房が多く、なまじスピードが出る分危険度は高い


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
かわいい かわいい

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
まだ根に持ってたのね。
たいまにん
2012/12/23 22:02
じゃあもし今のオレが高校生でかつ、尼崎近郊の住民やったとしたら
お前はオレにキレて来た訳やねw

高校生の時のオレは今回のお前の事故の「被疑者」みたいに自転車で縦横無尽に暴れてたからなwww
SC430
2012/12/24 00:57
まず自転車に乗っているやつらについて

ぶつけられたら新車と思ってるやつが9割を超えると思うこと
(自分は悪くないと思ってる)
いかにもな格好で乗ってるやつは100%と考えていただいて良い。。
街中において基本的に気持ち悪いくらいの加速しないやつは大概周りも見えてないし
オサレ用品の一部なので今乗ってるのもの使い方もわかっていない。
ピストレーサーは本物の競技用であるが街中で見かけるものはもどきである。
悪質極まりない走行をするものは好んでこれに乗る。
そして他の自転車追いかけて信号無視で抜いて嬉しそうにしている

自転車に関しては99%の乗り手がごみくずと思うほうがいい。
レースチームであろうと汚いことは平気でする、特に大学生

いいか、車両ということを忘れるな。
ねりごま
2012/12/24 01:15
「暴れていた」
堂々と宣言しているのでおぢちゃんと
タイマン張りたいという事で
ねりごま
2012/12/24 01:18
追記

先ほどのコメントは極端では有るが
エンジンが付いた重い乗り物と自転車では
どうしてもエンジンの付いた乗り物のせいにされる。
これくらい考えておいて自転車に接近するのは避けるほうがいい。

知ってる限りの事実・・・ぶつけられるのは得と思っていること

否定出来る要素を探そうにも探せなかった
ねりごま
2012/12/24 01:26
ヒマなのでアンサイクロペディア風に紹介する Black labeled page/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる