Black labeled page

アクセスカウンタ

zoom RSS 街道バトル2の評価

<<   作成日時 : 2012/09/23 17:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

攻略記事とは違う番外編

・ゲームバランス
 敵車が強すぎる気がする 実は難易度の大半がパワー差によるもので釈然としない結果
 プレイヤーは序盤コンパクトカーしか使えないのにZ33やGT-Rが出てくる ヒルクライムで
 
 と、いうか峠でバトルなのにストレート1本で勝負がついてしまうとかありえなくね?

 街道バトルからゼロヨンバトルにタイトル変えろよ

 またチューニングパーツの出現時期が遅すぎて強い敵に対応できない

・ゲームシステム
 元気ならではのアイディアのバトルが面白いがクソ挙動が足を引っ張っている

・挙動
 峠の伝説と比べればはるかにまともだがタイヤのグリップバランスがおかしい感じがある。
 と、いうかドリフト時にタイヤが空転すればエンジン回転数は上がる筈なんだが
 このゲームは落ちてパワーバンドから外れる(ニードフォースピードもこの傾向がある)そしてドリフトが止まると
 なによりこの挙動の所為でコーナリングの車体制御が困難になり敷居が上がっている。
 コレはグリップの低いタイヤを装備することで緩和できるが、
 今度はコーナーで壁にヒットしやすくなりなりいいところでバランスをとる必要がある。
 また、クラッチ蹴りが出来ない(サイドブレーキとアクセル同時押し)ため更に難易度が上がっている。

・CPU
 はっきり言ってゆとりが運転しているのと同じレベル
 が、そのためこちらが前に出ればコーナーで突っ込まれて挙動を乱され、後追いの場合フラフラ走るためブロックさ れる形になる

・後に発売される峠の伝説と比べて
 
 10倍位こっちの方がいい
 おそらく挙動やゲームシステムを一新せず、このゲームのままコースとライバルと車種を増やしていれば元気は倒産しなかったと思う。
 また、このゲームに出てくる車種も外車で渋いのも多くむしろこっちの方が車種的に充実してたとも思える。
 また第1いろは坂が遊べる(峠の伝説では削除)

 峠の伝説の何が悪かったかと言うと
 ・ジムカーナがあるんだが各コースあって一々それをクリアする必要がある(確か)
 が、コースは全く同じなのに、峠の数だけ同じイベントがあり代わり映えしない酷い作業ゲーになる。
  ・ライバルや新しいコースを出す条件が複雑で詰む
  ・敵車CPUがより一層アフォになりバトルどころではなくなった そして直線番長に磨きがかかると
  すごいぞーラスボスなんて1091馬力の34GT-Rストレートでぶっちぎるんだぜ!!
 ・道路工事があった
 突然グラベルになって吹っ飛ぶ 特にボス戦の大事なバトル時にグラベルになるとコントローラーを叩きつけたくなるレベル ちなみにCPUはグラベルの影響を全く受けない
 ・挙動が更に悪くなり、CAバトルなんて出来た物ではなくなった。
 ドリフトの成功か失敗は進入の速度とステアのタイミングがほとんどになってしまった。
 一方、今作はコーナリング中の姿勢制御はある程度できる(それでもかなり難しいが)
 恐らくコースを増やしたがため挙動のデータを削減するはめになったんではと推測・・・
 ・ドリフトポイントを稼ぐCAバトルなのにタイムアタックの要素が入った
 相手より先にゴールしないと意味がなくかつ、ドリフトポイントでも勝ってなければならない
 このクソシステムにより多くのプレイヤーが峠の伝説を売り払ったといっても過言ではない
 
 峠の伝説でよくなった点は?
 ・CPU車のレベルやチューニングパーツの出る時期がよくなった
 ・天候を自由に出来るアイテムが購入できる。 コレで隠しキャラを出しやすくなる。
 ・FF補正がある CAバトルでFF車はハンデがあるのだが補正ポイントがついてFFでも闘える(FF無双になったが)
 ・コースの追加
 




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
街道バトル2の評価 Black labeled page/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる