Black labeled page

アクセスカウンタ

zoom RSS GT5

<<   作成日時 : 2012/08/05 22:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

近況報告

PP500峠に相変わらず固執してるんでこんな車を作ってみたわけで
画像


結論としてマスタングの方が速いorz コントロール性とスタビリティはいいんだがね

シルバラードが欲しかったんだがチョット前にホットカーで手に入ったんで早速峠仕様にしてみた
画像

フルチューンしたいところだけど1台しかないのでもう1台手に入ったらやる

今の所ラムとF150ライトニングSVTでは筑波54秒出てるんでコレのポテンシャルが気になる所


フェラーリF1チャレンジ的なイベントが開催されたのでF2007を購入

F2010乗ってる人には悪いけどあれクソダサいよな

で、皆さんもご存知のとおり管理人流の車体特性の掴み方は


               ↓こんな感じ



画像


画像


フォーミュラーグランツーリスモでドリフト経験がある俺的にはフェラーリは優秀なドリ車である。

実際のF1のスペックは反映できないからなのか実際そうなのかはしらんがびっっっくりするほどフラットトルクで乗りやすい

F-GTのように急激にトルクが盛り上がらないのでコントロール性が高い

欠点はパワー不足かな 900馬力のF-GTと比べるとかったるい印象がある。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
2007年から毎分1万9000回転以上回すなって制限付いたからな

ただフェラーリが2006年までシューマッハー専用機ばっかり作ってたんで、シューマッハーのオーダーの下作られたエンジンとも言える

ちなみに何故2007年以降のエンジン規定と2006年までのシューマッハーとに関係があるかと言うと
2007年以降のレギュレーション下で作られるエンジンのホモロゲが2006年のラスト2、3戦で使う仕様やないとアカンかった

そしてシューマッハーはこの2006年にタイトル争っててフェラーリも車体と同レベルくらいにエンジンのバージョンアップをガンガン進めてたから
SC430
2012/08/08 00:19
GT5 Black labeled page/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる