Black labeled page

アクセスカウンタ

zoom RSS 首都高トライアル

<<   作成日時 : 2012/08/01 00:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

某動画サイトで見てるんだがなかなかアレな作品

今の所見たのが無印と3(これだけVHSで持ってる)とMAX

シリーズものだけどストーリー的なものは1話完結なので続いていないのでどれから見てもおk

話の流れを適当に書くと

無印
F1レーサーになる為に現役レーサーが過去に立てた首都高でのタイムアタックの記録を更新しようとする主人公
フルチューンのDR30で湾岸やその他を更新、最終的にC1外回りの記録が更新できず断念

で、タイムを更新できない主人公はとっとと走り屋を引退、彼女とも別れてサラリーマンに

珍走上がりのDQNがS130で主人公の記録をどんどん更新していく

珍走に更新されるのが気に食わない主人公の元カノが走り屋となって記録更新を狙うが、吾妻橋のコーナーで不運と踊って終了 天に召される

珍走のタイムが悪徳警官とのコラボで出たタイムと発覚

湾岸の平本のように首都高をあきらめきれない主人公は再度アタックし、F1レーサーを目指す感じ
悪徳警官のクラウンが主人公のDR30にベタ付けしながら首都高一周するのはスゲーと言うか何と言うか
今のクラウンならその辺のスポーツカーには負けないだろうが無理だろそれは・・・

感想
まずC1外回り4分台っておかしすぎワロスwww

完全封鎖して、筑波アタックのデモカークラスのマシンを持ってこないと無理じゃね?

吾妻橋のコーナーが難関とかいう会話があるが、吾妻橋は首都高環状線のはるか北側であって、どう見ても江戸橋のコーナーな件

珍走が速かったのは身内を警察に売って警察に協力してもらって出たタイムらしいが詳細は不明

首都高トライアル3

一般車を巻き込んだ事故を起こしてしまった首都高最速の主人公
走り屋を引退するが、絡んでくる元ライバルや不思議な女がいるわけだが無視する

あるとき元ライバルが70スープラにバトルを挑まれ不運と踊り重症を負ってしまう

主人公は再度走る決意をして70スープラに挑む

感想
コレに関しては突っ込みどころが少ないのであまり語らない 
スポンサーの関係なのか出てくる車のホイールがAVSモデルYに統一されている
他には碓氷を走ってるシーンが有るくらい

首都高トライアルMAX
R33に乗った主人公が大阪まで遠征しJZA70の大阪環状チャンプに挑み大阪最速が事故って終了

大阪が怪我を治して80スープラに乗り越えてリターンマッチしに来たが主人公は走り屋を引退

理由はメカニックでありライバルの友人をバトルで死なせてしまったから

が、主人公に負けて怪我した雑魚がリターンマッチを要求し、大阪を差し置いてバトル
友人が事故ったコーナーでイモって負ける。

納得行かない大阪が雑魚とバトって勝利

最終的に死んだ友人の遺志に気がついて再度最速伝説を残す決意をした主人公は大阪スープラとバトル

感想
物語が支離滅裂すぎてイミフ&走行シーンがおかしい 赤坂まで行ったのに急に銀座に戻ったりC1走ってた筈なのにレインボーブリッジになったりしてて良く分からなくなった。

土屋にサーキットじゃ通用しないと言われバトるシーンがあるがサーキットなのにドリフトとは・・・

C1を攻める車なのに高回転を維持しないと行け名ピーキーなロムを組んだリメカニック的にもイミフ

つか序盤の大阪環状だが実際あそこの走り屋はスープラなんざ乗らない
シビック、スターレット、ミラージュがほとんど

この作品の見所は出てくる車がカッチョいいこと それだけ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
首都高トライアル Black labeled page/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる