Black labeled page

アクセスカウンタ

zoom RSS 最近のGT5

<<   作成日時 : 2012/02/23 20:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

いい加減更新するべきかな?

最近GT5ではふざけたことやって遊んでるわけだが

PP500くらいのレースにラムで出場し優勝する

フリーランでRX-7TCをチャレンジャーR/T‘70RMで追い掛け回したりと

一般的に速そうでない車で速い車を喰いまくってる。

コーナリングマシンと呼ばれる車と一般的なクルマの差は同じタイヤの性能と仮定した上で

より速いコーナリングをすることが出来ると言う事だろ?

具体的には前後バランスのよさとか重心の低さとか軽量であるとか

軽量であれば車体に掛かる慣性力(物体の運動の変化のしにくさ)が少ない

だからタイヤのグリップに余裕が持てる

前後バランスがよければフロントタイヤとリアタイヤに均等に横Gが掛かるからニュートラルステアになりやすい

重心が低ければロールしにくいため外側と内側のタイヤの荷重移動量が減る

だから4輪のグリップが有効に使える
(ロールしまくりな車だと外側ばっかりに負担がかかり内側はあまり使えてない)

だが、軽量でなかろうと、バランスが悪かろうと、重心が高かろうと綺麗にブレーキングからターンインを終わらせればタイヤのグリップをフルに使える。

もちろんバランスのいい車は高いレベルで行えるがそこまでの乗り手はオンライン上で2,3回くらいしか見てない
(実際に筑波走ってる人はマジで速かった)


まあ、俺も世界トップランカーってワケじゃないから威張れないんだが、

1コーナーでロケットする初心者にアドバイスするとだな・・・
(よくバチコンされる)

タイヤは縦と横のグリップの合計を100としていてそれ以上は不可である。

だからブレーキングしながらコーナリングは出来ないし加速しながらコーナリングも出来ない

ブレーキングはステアの切り始めまでに若干オーバーラップする程度なので

ブレーキしながらコーナリングと言う認識から

踏んで離してコーナリングに変えるといい

ブレーキを踏んで離してからコーナリングに入ると言う認識を持てば余裕が生まれる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
最近のGT5 Black labeled page/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる