Black labeled page

アクセスカウンタ

zoom RSS キャブレターの同調を取ってもらった

<<   作成日時 : 2012/01/06 20:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ねりごま氏がバキュームゲージ(負圧計)を買ったと言うので見てもらうことに

画像


ヨシムラカラーなんだが珍走っぽく見えるのか厨房くらいのDQNが熱いまなざしを向けて来るんだが・・・


さて、同調を取る意味合いとしてはエンジンのばらつきを少なくすることで低速トルク、燃費、レスポンスの向上が期待できる。

同調が取れてないというのは、マルチシリンダーにおいて、スロットルの開度がバラバラであり各シリンダーに吸入される空気量が異なっている状態を指す。
つまり、吸入空気量が異なれば、燃料供給量も異なる(キャブの場合)ので、元気なシリンダーと死に掛けのシリンダーが出来る。

アイドリングはボボボボボと言う一定の音が望ましいのだが、管理人のインパルスだとボボボン↓ボボボボン↑ボボボボと言う不安定な音に・・・

なにはともあれ分解・・・流石のねりごま氏、手際がいいなぁ・・・
タンク外すスピードが管理人の2倍くらい速い

で、バキュームを取るのだが、メクラが非常に取りづらいと言うね・・・
(インパルスの場合外すのは2番のみでよい、後は負圧コックのホースや負圧センサ等で配管が伸びている為そこに接続する)
画像


1番2番と3番4番が大きくずれている。

1番シリンダが元気が無く3番が元気がいい状態ですな。

4気筒だと点火順序は1342な筈だから2番の後の1番が弱くて回転が落ち、3番で復帰する感じになると。

で、このゲージの針を大体同じくらいにする(ゲージ1個1個に多少の誤差はあるのである程度でよい、こだわる人は半日ぐらいかけてやるとよろし)

で、感想だが、始動性と低速トルクがかなり上がった上にエンジンの振動が減ったため低速走行での安心感も向上

また、チョークが利くようになった。
(今までだとチョークを引くとプラグがびしょびしょになってエンジンが止まる→プラグ清掃)

一番分かるのがスロットルのレスポンスが良くなりカドが取れた感じになった。

ぬるぬるうごくよ!!

あとはねりごま氏所有のGSX-R1100も同調を取っていたとのことで乗ってみたら

元々馬鹿ッ速いのにさらに瞬発力も付いてビビりが入るワタクシ

アメ車的なドロドロ音が消えたのはエンジンをかけただけで分かるな

と、言う事でマルチシリンダー乗りの方は同調を取ってみよう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
キャブレターの同調を取ってもらった Black labeled page/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる