Black labeled page

アクセスカウンタ

zoom RSS 結局のところ・・・

<<   作成日時 : 2011/12/01 23:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

エンジンのパワーを上げるために必要なことは2つしかないんだなぁ・・・

自動車工学コースに進んで理解したと言うか、夢がなくなったと言うか・・・

ではその2つとは何か?

・湯水のように燃料を消費する
・エンジン内で発生したエネルギーを運動に変換する効率を上げる(熱効率を上げる)

前者は、ボアアップ、過給機(ボルトオンターボやブーストアップなど)関連、エンジンの高回転化に当てはまる。

後者は、エンジンのバランス取り、圧縮比アップ、素材変更になどによるフリクションロスの低減が当てはまる。

過給機はある程度ポンピングロスの低減と熱効率アップに繋がるので前者と後者をかねていることもある。

理屈から説明すると
ボアアップはシリンダ容積を広めて排気量を上げるわけだが、ガソリン1kgに対して空気14.7kgの比(理想空燃比)を取る為、燃料を多く吹き、総合的なカロリーを増やすと

過給機はボアアップと同じ効果があり、ブースト圧を1.0kg/cm^2で2倍の空気をエンジンに押し込む為、燃料も2倍吹くわけだ

エンジンの高回転化、コレは単位時間当たりの燃焼を増やすことで燃料消費量を増やしている。
10000rpm(1分当たりに5000回の燃焼)よりも20000rpm(1分当たり1万回の燃焼)で、2倍の燃料を吹ける

熱効率の問題としてガソリンエンジンの熱効率は25〜35程度らしい(ディーゼルは35〜40)
コレを上げていけばその分パワーは上がるが、やはり微々たるものである感は否めない

エンジンのバランス取りやポート研磨はボアアップやボルトオンターボには敵わない

2倍のカロリーを持っていけば単純に2倍のパワーは出るが(もちろん実際に出ることは稀だが)熱効率は2倍にはならないと

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして、と言っておくぜ……
大の車好き……
某追い剥ぎRPGと某峠最速アダルトゲーファン、ギャルゲファンの男だ……
アンタのblog…見させてもらってる……
今回の記事について感想を言わせてもらう……
成る程と言っておくのさ……
ボアアップとターボチューン…違うようで実は一緒だったなんてな……
Powerを上げるには二つの事しかない……
いい勉強になったぜ…
またちょくちょくとコメントをさせてもらうが、そん時は宜しくな……
横浜最速になりたい山梨県民
2011/12/04 20:43
結局のところ・・・ Black labeled page/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる