Black labeled page

アクセスカウンタ

zoom RSS GT5オンライン対戦

<<   作成日時 : 2011/10/30 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

うまい人も居ればゆとりもいる

最初はドリフト専門だったがレースをしたくなり、やってみたのはJGTCおよびS-GTのみの部屋

はっきり言って十字キー操作の上にタイムをつめるのに悩む日々を送ってなかった俺にはとてもついていけない

コース 鈴鹿フルコース
俺:GT-R GT500 ステルス 1`57.4くらい

相手:イエローハットYMSトミカGT-R、ザナヴィニスモZ 1`51〜52

\(^o^)/

レース参加だけでなくレース観戦したら、実際のスーパーGT見てるようだった

めちゃくちゃうめー 恐らくハンコン操作なんだろうな・・・

まあ、何回かやってて30秒差付いてたのが15秒差になったりとか言う成長はあったが

最初は2分2秒台だったから5秒縮んでるんだよね

ってか130Rを260キロでノーブレーキでいけるのはセッティングによる物なのか腕なのか・・・

トライアルマウンテンPP400はガチでおもしろい

と、いうかPPレースは間違いなく有利車種が偏る

チューニングの進行度合で馬力が変わる

GT5もって無い人に説明すると、PPとはパフォーマンスポイントのことで
車の性能を値にしたもので、ノーマルのR34が472、フルチューンすると600ぐらいだったと思う

グループCカーは690ぐらいある

PP400は吸排気チューンのFCくらいの性能

EK9の場合

ECU+吸排気フルチューン+中回転型ターボをリストリクターで絞るとトルクは22kgmぐらいになるんだが180ps

エアクリ+ECUをリストリクターでしぼるとトルクは17kgmだが194ps

トルクは力だがパワーは運動に繋がる為トルクを犠牲にしてもパワーは必要

筑波ならトルクがいるがトライアルマウンテンはパワーがいる

180psの前者はトライアルマウンテンバックストレッチで184キロ、194psの後者は192キロを記録

筑波バトルは熱かったが、敵車ターンするゆとりが増えてきたから止めた

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
PPレースの有利車種はありますね。
PP500以上だとNSX-RやM3GTR、LFA、458やR8あたりを使わないと面白いほど全く勝てません。
なので、PPで制限をかけても勝とうとすると使う車種が絞られて結局以前の馬力制限時代に戻ってます^^;
NILLCOM
2011/11/01 01:55
筑波ならGT-Rにも勝機はあるんだがね・・・
(R34なのにブレーキがNSXより遅いと言うイミフなドラテク)
R34マニア
2011/11/01 13:12
ワンメイクでチューンもセッティングも殆どないカートレースマジおすすめ
まあ自分はドリフトしかしてないけど
DRFT
2011/11/02 23:43
GT5オンライン対戦 Black labeled page/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる