Black labeled page

アクセスカウンタ

zoom RSS マジかよ・・・

<<   作成日時 : 2011/03/13 01:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

地震があったのは知っていたが兵庫の俺にはあんまり関係はなかった

で、プロジェクトでサラリーマン生活(朝8時に起きて夜の11時に帰ってくる)をしていたのでテレビを見る暇は無かったわけだ。

インターネットで東北〜和歌山までの海沿いの地域を10mの津波が襲う的なことが書いてあったが、

津波は700km/hで押し寄せてくるがそれは海外での話でしょ?と言うノリだった

だが、今日ニュースで映像としてみた俺は愕然となったわけだ・・・

見て第一声が 冗談じゃねぇ・・・

これはどこの映画よ・・・

クルマが木の葉のように押し流され、家はバラバラに砕け散り、括り付けてある船は押し流されてやがる

津波が去った後は何も無い広大な土地が広がってやがる。

JR福知山線脱線事故、秋葉原連続通り魔事件、これらもニュースの画面の現状を脳が理解するのを拒絶した。

同じく、この地震も同じ反応が起きた、同じ日本でここまでのでかい災害が起こるなんてとても信じられない・・・

もちろん管理人の年齢は19歳、と、言う事は1991年生まれになり、あの阪神淡路大震災も経験している。

当時4歳の俺はアホみたいな揺れに叩き起こされ、鉄筋コンクリートによって作られた団地によって怪我も無く済んでいる。
なによりも揺れている間中オカンが俺を抱きかかえてくれたことも、タンスの上においているオモチャたちが一瞬で重力の影響を受けて床にたたきつけられていく様子も覚えている。

だがそれは偶然震源地から遠かっただけに過ぎない、それでもライフラインが停止し、自衛隊の馬鹿でかいトラックがわざわざ来て俺はバケツを持ったオカンとは2リットル入るペットボトルを抱えて水を貰いに行ったぐらいだ。

だが、津波が来た今回はどうしようもない、建物は流され、船やら車やら、建造物の残骸が町中に溢れかえってる状態からの復興、瓦礫をどけた後に再度立て直すのであろうが、かなりの年月がかかることだろう。

イマイチしまりが悪いが被害を受けた地域の1日も早い回復を願っている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
各自衛隊が出てるな
関西の予備自は今のところ準備程度みたいだ
ねりごま
2011/03/14 01:22
マジかよ・・・ Black labeled page/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる