Black labeled page

アクセスカウンタ

zoom RSS ねんがんのヴェイロンをてにいれたぞ!

<<   作成日時 : 2011/01/10 19:13   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

グランツーリスモワールドチャンピオンシップで獲得

809ps(慣らしの判定があるらしくどんどん馬力が成長している)のR34で参戦

ニュルやサルテはレーシングソフトで十分だったのだがケープリンクとグランバレーはタイヤに厳しいコースだった
レーシングハードにもかかわらずフロントタイヤが熱ダレするという恐ろしいコースだぜ

A-specレベルは21に上昇
つまりこれでフレームまでのダメージおよび走行性能に影響が出てくる上級者向けゲームとなったわけだ

そして中古価格でも2億するブガッティヴェイロン16.4がプレカーとして貰えた訳だ

まあ、普通の人ならメインカーをこれにするんだが俺はR34の限界にチャレンジする

ヴェイロンは普通の人ならまともに使ってもらえるわけだが、
幸か不幸か変態の俺に貰われた為ドリ車として使われる羽目に

とりあえずトロフィーの秒速111mが欲しかった為チューニング

970psほどしかなかった為オイル交換し、1016psほどになった
そして、排ガス&騒音規制の影響でフン詰まりのマフラーをレーシングチタン&スポーツ触媒に交換
(エキマニはやったかやってないか覚えとらん)
ECUも書き換えし、エアクリ、サージタンクも交換、よって1241psを発揮するモンスターに生まれ変わったのだ
そしてサルテに持って行って419km/hを記録

そしてドリフトする為に駆動系を一新
2億円の車の足回りがたった150万で買えて、1000psを受け止める純正クラッチをたかが25万のツインプレートに交換しなぜか性能アップするあやしいお店でチューニング
一応純正に戻せる程度に留めてあるわけだがここでセッティング公開
駆動配分は10:90の超リア寄り
LSDの配分
 F           R
20 イニシャルトルク 60
30   加速側    60
20   減速側    60

足回り
 F            R
 -25mm 車高   -25mm
13・5kgスプリングレート15.0kg
 8 ダンパー伸び側  8
 5 ダンパー縮み側  5
 7 スタビライザー   7
 2.5 キャンバー角  1.4
 0.0 トー角     +0.20
ヴェイロンM-spec(マニアスペック)の完成である。

初期セッティングがこちら
画像

画像

画像

ゼロカウンターかイン側に切り込んでいるわけだ
でM-specにしたのがこちら
画像

画像

画像

リア寄りのためカウンターステアが当てれるのと、10%フロントに駆動が行ってるため
FR車のような素直な挙動を実現、イン側に突っ込みそうにならフルカウンターでアクセル全開で横に流れてくれる

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
もう笑うしかねぇわ

こんな悪ふざけ、今まで見た事も聞いた事もない
SC430
2011/01/11 01:20
実物で有るなら見てみたいな。
ねりごま
2011/01/11 14:24
ねんがんのヴェイロンをてにいれたぞ! Black labeled page/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる