Black labeled page

アクセスカウンタ

zoom RSS 馬力とトルクについて

<<   作成日時 : 2010/09/16 20:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

中学生の車好きに良くあることなんだが(実車に乗れないから)

車の性能=馬力だと思っている節がある。

馬力とは何か?それは規定の時間内にどれだけの回転があったかで測定される。

つまり、トルクが100あって10回転すれば馬力は1000、逆にトルクが10だが100回転すれば馬力は1000になる。

そんな理屈なのだ

だからF1はトルクが25kg/m程度と一般車ほどしかないが2万回転以上ブン回るから700馬力を発生させる。

トルク=回転軸にかかる力
先述の25kg/mはつまり回転部分から1m先に25キロの力がかかると言う事
まあ、支点から1m離れて25キロの力を掛けたらソコソコの力にはなると思う

ググったところ、馬力の表し方はこんな感じ
例えば4000回転で30kg/mのエンジンがあり、何馬力が出るのかと言うと
30×4000×0.0014(係数なのでこの数字は不変)=168馬力
(ただ、このエンジンの上限回転数が4000ではないので最高出力とは限らない)

なら逆にトルクを調べてみよう
俺の嫁(BNR34)を例にすると
6800回転で280馬力を発生するわけだ
280÷0.0014÷6800=29.411
お〜こいつはひでぇ10kg/mも下がるのか

じゃあ、なぜ最高出力と最高トルクが噛み合わないかはなんとなく分かると思うんだが、

エンジンと言うのは規定の回転で最高の効率を出せる為フラットなトルクをもてない傾向にある。

そのへんを解決したのが可変バルブタイミングであったり可変バルブリフトであるわけだ。

低回転では折角シリンダーに入れた空気を圧縮する時にイン側のバルブが閉じきらず逃がしてしまったりするからだ。
一方、高回転ではバルブが早く閉じすぎて十分な空気を吸気しきることが出来ない。

このためトルクは一定にならないのだ。

だからどんなエンジンも回転を上げていけばトルクの落ち込み量が多すぎて回転を掛けても最高出力にはならないと

簡単に言えば10のトルクを100回して1000、だが、9のトルクを110回しても990にしかならないと
そういう理屈だと

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
私の結論としては、エンジン性能=馬力なんですが・・・・
結果として出力されるのが馬力だから、馬力曲線だけ見ていればその性能がわかると、
で、チューニングする際には目標回転数域でのトルクを知っていた方が調整しやすいのでトルク曲線を見ると、
そういう風に私は見ております
REマニア!
2010/09/17 18:24
確かに馬力=仕事だから性能だといえばそうだが、
ハーレーやアメリカンマッスルカーのスペックだけを見て大したことが無いと言う奴が多い
奴らは元の力がでかいから十分な速さを持っている。
前にも書いたとおりハーレーは2速に入れてクラッチを繋いだだけで40km/h出る。
そしてアメリカンマッスルカーは3速でも余裕で発進できる。
(もちろんコンフォートでも出来るが、普通の発進をしようとするとエンストする)

加速や登坂能力はトルクに比例するわけなんだから馬力だけを見るのは間違い
R34マニア
2010/09/17 19:22
二速に入れてクラッチつなぐだけってリッターバイクならどんなバイクでもできるぞ?
乗ったことあるバイクで隼、RSV4、R1ではできた。
もちろん回転数あげた方がトルクあがるがな。
AAA
2010/09/17 21:20
それらは40出んの?
ゼファー750やCB750は10キロがいいとこだったぞ
確かに450ccも差があるとは言え
R34マニア
2010/09/17 22:47
隼しか所有したことないんでわからんが40はでてなかった気がするな。
まぁ回転かギアあげればいいだけだが。
アイドリングで40キロ出ても逆に不便なだけだしハーレーなんて乗り物ホモっぽくて乗りたくないがw
AAA
2010/09/17 23:28
馬力とトルクについて Black labeled page/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる