Black labeled page

アクセスカウンタ

zoom RSS 速さの基準

<<   作成日時 : 2010/09/09 21:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

久しぶりに新しいリンクが出来たわけなんだが、その先で速さとは何かと言う事が書かれていた。

まあ、彼はムーブで攻めてることもあるんだが

軽自動車で攻めることは貧乏人が頑張っても軽に負担がかかるだけで車がかわいそうだと言われたとのこと

いや、なにこのイニD厨見たいな発言・・・

昔、ゲーム攻略掲示板に居た頃の厨房発言を思い出した・・・

86vsR34はGT-Rが絶対勝つわけで86なんかクソだしみたいな話になる
               ↓
リアル走り屋が「86はいい車、アクセル踏めるもん、シルビアだと全開なんて怖くて出来ないしwww」
                ↓
「いや、お前がシルビアを操るだけのテクが無いだけじゃんww」

この流れに近いものを感じた

正直言って実車運転するようにになって思うのは

車を運転するのに人間は視覚や触覚、聴覚を通して外部情報を脳に送り

脳で次にどのような操作をするかを判断して

実際に操作するに至るわけだ

しかし物には限度があって、今俺がGSX-R1300を全開にしたら間違いなく死ぬだろうな

認知→判断→操作の伝達速度および、操作の正確さがGSX-R1300が要求するスピードと精度についていけないからだ

プロのレーサーやアマチュアでもいいが、上手いと言う人間は経験や努力を通して車が要求するスピードに合わせれる。

つまり、どれだけの車でどれだけの操作をどれだけの素早さで出来るかのキャパシティが断然違うからだ

軽自動車の要求する操作の正確さや速度の難易度はある程度易しい
もちろん、タイヤサイズの問題や、重心位置、足回りの問題でシビアになる点も存在する。

だが、軽自動車の持つポテンシャルを限界まで発揮させれば、全く乗り切れない大排気量車にもヒケは取らないのだ

乗っている車で速さの区切りをつけてしまう奴ほどその限界領域まで突っ込んだことはないと

実際一般道で3桁出す人はいくらでも居るし、それで事故るような人間はさほど居ない
(つか制限速度守ってたらガシガシ煽られる)

だが、峠道や高速道路で制限速度を遥かに超えるスピードを出す人は意外と少ない
そしてそれをやって車を潰したり命を落とした人は結構多い

それは車の持つポテンシャルを超えていたり車が要求する操作を出来なかった人間だ

結論としては速さとは車から要求されることにきちんと応えられるに尽きる。

レーサーはそこから時間の短縮に別のテク使うわけで、それにはセンスが要るがテクニックのないプロは居ない

速さは車との対話を繰り返して車からの要求を応えることができた奴のみが語れるのだ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
その考え、非常に同感です。
NILLCOM
2010/09/10 18:25
この記事を見て思ったんだけど、管理人さんは自分のクルマが持つポテンシャルをきっちり引き出せるだけの技術持ってんの?

仮に持ってたとして「俺は自分の愛車の持つポテンシャルを100%引き出せる男だ」って断言出来るほどの自信あるの?
宝山寺の申し子
2010/09/21 02:58
実際速いわけでも自由自在に操れるわけでもないから真の速さは語れない。
R34マニア
2010/09/21 15:59
速さの基準 Black labeled page/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる