Black labeled page

アクセスカウンタ

zoom RSS 鈴鹿研修

<<   作成日時 : 2010/08/12 20:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

仮更新
画像


帰ってきました。

鈴鹿1日目
これはまあ、安全運転研修だね。
まず、敷地内コースを何週かして車の特性を覚える。
使用車種はFD系シビック
画像

残念ながら2人1組なんで実況車載する計画は出来なかった。
(鈴鹿フルは撮影したけどね、助手席で)

4点ロールバーが入ってる。これのおかげなのか元の特性なのかリアの接地性がいい気がする。
画像


ちなみに管理人が乗ったのは402号車
401〜413ぐらいがグループごとに乗った
403号車は春にスプーンで3回転バレルロールして廃車になったとか

スキッドパッド走行
タイルの上を走行する。摩擦係数が極端に低いので雪道走行の練習が出来る。
画像

ここでホイールスピンさせたり、急ハンドルを切ってアンダーを出してみたり、ABSを作動させたりして遊んだ。
画像


画像

アンダーステアの次はオーバーステア
サイドブレーキを引きずったまま走行する

ちなみにFRでドリフトをやってる人ほど苦戦する。
(自動車部の人で経験者はかなり苦戦していた。ドリフトのライン、アプローチ、ステア操作は完璧)
リアタイヤはロックしたままなので常にブレーキがかかっている。
トラクションかけて引っ張っているので、ホイールスピンをさせてしまうとトラクションがブレーキに負けて車は停車する。
ドリフト経験者ほど、リアが流れたらそこでアクセルを踏んでケツを出そうとするので結果として
フロントがホイールスピンしてアンダー→そして前に進まなくなって停車

イニD厨の管理人はコーナーでアクセルが踏めない病なのでフルにつなげれた
(常にアクセルは一定、ステアでコントロール)
イニDが実車で初めて役に立った瞬間である。

この後は危険回避

直線に立てられたコーンに車のノーズが来たと思ったらフルブレーキ
確か40km/hで8mだったと思う

後はシグナルが点灯した瞬間フルブレーキ
コレはタイミングが分からないので停止距離は伸びる。
40km/hで12mだった

実はセンサーがあってそこで感知してるからシグナルはランダムではない
次はそれをネタばらししたあとに、シグナルが3つあり、消えている方に避けるという物
(3つ同時点灯してる場合は停車する。)
1回目はフロントを鳴かしながら普通に避けれた が、反応が若干遅いとの事
2回目は消えている方と反対側に一瞬切ってしまい、すぐに逆に切り替えした。
(点灯してる方が目立つから反射的にやっちまったい)
イニD厨の俺はハンドルが切れない病なんで特に問題なかったが、チームのもう一人は怖かった
ハンドルを190度くらい左にまわしてそれを更に280度右に切って避けるから車が一瞬浮いたw
(タイヤのよじれですね分かります)
外で反応する間に進む距離を見てた教官もビビッてた
「こっち突っ込んでくるかと思ったぞー」とか無線で入ってきた







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
てか何で表紙がARTA?
O君曰く他にもあったらしいじゃん
交機2トップになかなか迫れない男
2010/08/15 23:08
鈴鹿研修 Black labeled page/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる