Black labeled page

アクセスカウンタ

zoom RSS イニDに対する批判

<<   作成日時 : 2010/08/31 00:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ツレからの催促があったので

でも、ほとんどが間違いの中から具体的な例を見つけ出すのがめんどくせぇ・・・

1〜5巻辺りの結論は前に出したように、ベスモの90年くらいの奴見ればいいと思う
FCが筑波の1ヘアをドリフトでぬけるのとグリップ走行で抜けるのとではあまり差がない

これはLSDの差動制限能力の低さによるトラクション性能の低さとタイヤのレベルの低さによる物である。

これを見て作者はドリフトがグリップを上回るという勘違いを起こして漫画にしちゃってしまった
そして、アーケードゲームでやって原作に入った厨房連中が軒並みドリフトは速いと勘違いしたのである。

そういえば、昔R32があそこで事故ったのはおかしいと掲示板で言ったような気がするがアレは間違いだ。

峠にアウトインアウトが通用するとか思ってる時点で間違いだからな

ホコリや落ち葉、落下物が存在する公道でアウトインアウト等の
サーキットでのライン取りは命がいくつあっても足りない

つまり中里のBNR32が事故ったのは白線、もしくは砂に乗って右リアのみがホイールスピンしてバランスを崩した
これでおk

ガムテープデスマッチ
不可能

ラインクロス
出来なくはないが実際あのコーナーは不可能
高橋涼介が出口で大きく失速したのなら可能だが漫画内の描き方ではアンダー出しただけ

碓氷峠でのバトル
作中でも書かれていた通り、ラインが少しでも違えば出口で大きく違う
と、言うよりもコーナーの曲率が分からないところでバトルなんて不可能


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
イニDに対する批判 Black labeled page/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる