Black labeled page

アクセスカウンタ

zoom RSS イニDブームは終わったというのに…

<<   作成日時 : 2010/03/02 01:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ちょっと前から86の相場ってどんどん上がってね?

そりゃあタマが無いのは分かる。
だが、他の車も同じこったろ?

例えばS13とかなら15万くらいでMTのQ`sが買える訳だが、同じ条件で86だと30万〜なんだが…

言っておくがあれはスポーツカーじゃない、只のカローラなんだぜ
ツインカムの高回転型エンジンとか言う謳い文句かしらんが120馬力もないっしょ?実の所

リアサスなんて5リンクリジットだし(非独立懸架)

はっきり言ってFRにこだわりがあっても、シルビアやスカイラインを選ぶ方が良い選択だとは思わないか?

性能で格段に上を行くAE92〜AE111なんて一桁万円なんだぜ

AE111の価値は下がったのか?いや、分からないやつが増えただけなんだろう…

パルサーVZ-RやミラージュRS、AE111のスーパーストラット等のホットなコンパクトFFスポーツが存在した。

だが、今中古市場ではメーカーの情熱や実際の走行性能に見合わないほどの値段しか付けられておらず、
一方で86の相場は上がりつつある。

物事の価値は失われないが、値段が下がると言うのは価値が分からない人間が増えたと言うこと
ならば、86のように値段がつりあがってるのは価値が分かる人間が増えたのか?

否、価値の分からない人間が増えたからである。
先ほどの意見と矛盾することではあるが、価値が分からないから値段が上がると言う事例は存在する。
最も特筆すべきなのはダイヤモンドである。
ダイヤは加工することが難しく、使い道が無く、ルビーやサファイアに比べると二束三文の値段しか付いてなかった
だが、時代が進むにつれて誤解が生じ、今の価値になったのである。
つまり“なんだか分からないけどすごいもの”と言う盲目的な付加価値がついたからである。
86はイニDで取り上げられ、車に興味を持った人間によく調べられもせず、すごい車、貴重な車と言う評価を付けられ
名車と言う意味の分からないレッテルを貼られた結果である。

今現在も中学生等にもてはやされ、「将来86に乗るんだ」なんてマジでイっちまったことをほざいてる奴が居ると
性能だけなら軽に同じ金をかけたほうが速いし、便利かといえば新しい車に比べ数段劣る。
20年以上前のクラシックカーなんで例え修復歴がなかろうとボディが歪んでるレベルなんですから。

フルノーマルの86なら100万を超える時代になった今だが、120ps程度のどんがめ車に懸ける値段じゃなくね?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
あれだ、プレミアだよ
実質大衆車として、名車でも何でもないはずの
スバル360やフィアット500、ミニでも初期なんかは廃車でも十数万したりするだろうよ

相変わらずタマが豊富なシルビア系列(最近価格が高騰してきた
スカイライン系列はやっぱそれ相応か、スカはおじさん車だし(名目は

に、しても
言ってる事が前後で噛み合いませんな
FF系列を却下して愛車を決めていて
尚、トヨタを過小評価していた貴方が事を言うとは
REマニア!
2010/03/02 19:14
ハチロクのスペックや年式だけ見ると、私もなぜあのような値段がつくのか首を傾げてしまう。

が、ハチロクはある一定の年齢、それも極めて一部の人にとってはそこいらの高級車なんかよりも所有欲を満たし、思い入れが強いクルマとなってるように見える。

実際、筑波でのAE86のN2レースを見てると、彼らがいかにハチロクにたいして情熱を注いでいるかがわかった。
クルマの値段はスペックではないという一面が垣間見える。
つまるところ、REマニア!さんの言う一種のプレミアなのかもしれない。
NILLCOM
2010/03/02 23:20
イニDブームは終わったというのに… Black labeled page/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる