Black labeled page

アクセスカウンタ

zoom RSS ネ申の力

<<   作成日時 : 2010/02/25 12:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

ついにクレーマー登場!?

ヨタのリコールに便乗シテついに“ゆすり”ヤローが登場したぜ!!

商売人のクルマなんて誰が乗るかよと思ってた日産厨の俺ですら こ れ は ひ ど い と言わざるを得ない

クルマは道具である。
これはほぼ10割の人がそういうだろう。
だが、俺のような車に狂った人間から見ればそうは思わない。

情熱でもあれば、畏怖の対象でもある。
時としてそれは狂気でもあり、また芸術でもある。

それゆえに道具としか車を見ない人間は嫌いである。

ある意味俺がトヨタを好きになれない理由は“道具としての車”しか作らないからだ。

もちろん生産力の高さ、商売のセンス、常に平均的な車を作り続けている点は評価しよう。

だが、車はただの物として見るにはいささか不足すぎる気がする。

数多くの部品で構成された物、見る人によっては鉄とアルミとプラスチックの集合体でしかない物に
モノ以上を感じてしまうことがある。
だから、多くの車好きは車と会話することが出来ると考える。

だが、現在の車はどうであろうか?

今の車に情熱を込めて作っている人間がいるのだろうか?

今の車から“声”を聞くことは少ない。
トヨタが一番そのような車を作りがちだ
だから“職人が作った車でない”トヨタは好きになれないのである。



話はリコールに戻す

今アメリカで訴えてる香具師はこんな証言をした
「113キロから160キロまで急加速し、サイドを引き、ギアをリバースに入れたが走り続けた。夫に別れの電話をしていたが、後に神のおかげで無事停車することが出来た。」

逆転裁判風に言うと矛盾が生じてるわけだが

まず
160キロで制御不能になり、そっから電話かけながら他の車を避けてたんですね分かります^^

レーサー並みのテクじゃんwwwすげえな おいwww

>>ギアをRに入れたが

走行中の車はどう頑張ってもバックギアに入んねえんだよカス

>>サイドを引いて

よくスピンしなかったね^^

要はリコールに便乗して、金が欲しいだけのクズ野郎なんですね分かります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです。
トンでもないクレーマーですねw

サイド引いて停止することに必死になりながら
通話する姿ってwww吹きましたよwww
R34乗り
2010/02/25 21:31
ネ申の力 Black labeled page/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる