Black labeled page

アクセスカウンタ

zoom RSS 暇なんで車について語るか(操作方法的な)

<<   作成日時 : 2009/09/11 23:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

まあこのサイト見てる奴は大体知ってるけどな。

まあHA☆GAや富竹辺りの車の知識については一般人学生レベルの奴対象ってことで。
一般的に車の免許はAT限定かMT車がある(因みにバイクもAT限定免許がある。スクーターしか乗れない)

一般人から見てAT車とMT車の違いはギアを任意で操作するか、機械任せでやるかの違いである。
一応間違ってはいないが厳密に言うと違う。

ATとMTの違いはクラッチ操作が必要かどうかであり、これの操作が初心者の第一関門と言える。
NISSAN GT-Rやランエボ]、ランエボGT-A、MR-Sのシーケンシャル
ポルシェのティプトロニック、フェラーリのF1シフトなどはSAT(セミ・オートマチック)と言い、
クラッチ操作なしで任意のギアに変えることが出来る。
これらはAT限定免許でも乗れるため、MT限定で売ってた時よりも売り上げとしては悪くないらしい。

普通の一般乗用車でもマニュアルモード付きオートマチックがあったりする。
ATには遊星ギアを用いたものとCVTと呼ばれるものがある。
後はDBWによるクラッチレスシステムが主流か…
日産GT-Rやエボ]のはまた別のだから各自で調べるといい
現在の軽自動車や日産のCMなどではCVTを売りにしているが、実際CVTとは何ぞや?と言う方が多い。
長々と説明するが、「そんなの見たくネーよボケ」と思う貴方の為に結論から先に言っておく。
CVTの方が乗り心地が良く、燃費もいい

CVTは無段変速機と呼ばれ、遠心力によってベルトが外側にずれる原理を利用した物である。
マウンテンバイクを想像すると良いと思うが、出力軸(ペダル側)のギアは固定で、入力側のギアが
小さければ小さいほどスピードが出る。
逆に考えるとペダル側のギアを大きいものにすれば当然スピードが出る。
(高級なMTBでは出力側も入力側もギアついてるけどさ…)
プーリーとベルトを使うことでの駆動方式は摩擦が少ないことにより、大きなパワーを掛けられない為、
昔は原チャリのみのシステムでしたが、改良が進み、車にも搭載可能になった、と言うことである。
(某ミニ四駆の漫画で、ミニ四駆にCVT搭載すると言う魔改造をしてたが)
まあ何が優れてるか?と言えばギアで駆動させると、どうしてもギアが合わないところがある、などの問題が出てしまいる。
6段のMTBで考えてもらうと、急な坂道があって、3では重過ぎるし2では軽すぎる。
“2と3の間のギアが欲しい”みたいな問題がでてくると考えて欲しい
自動車ではパワーバンドと言う物があり、同じエネルギーでも効率よく運動させれる回転域があり、
CVTは無段階で変速できるのでエンジンの“おいしい”部分を使えるので燃費が良いとされている。
また、ギアは変速する時に、少なからず振動があり、変速ショックがベルトを使うCVTは“無い”と考えれる。
このシステムは90年代にF1のウイリアムズで採用されようとしていましたがFIAが認めなかったため白紙になった経歴もあり、性能は折り紙つきである。
また、CVT搭載車にはマニュアルモード付きと言うものがあるが、実際無段階なのがメリットであるので、
酔狂なドライバーを満足させる為のオモチャにすぎないのである。

長々と語っているが、これらにはトルクコンバーターと言う、エンジンパワーをギアやCVTに伝える前に
増幅させるための装置が付いており、AT車はフライホイールが存在しない。
簡単に言えば、ビスカスカップリングデフのような、オイルの粘性により出力側から入力側のタービンまで動力を伝えると言うもの。
こいつがあると、MT車で言う“半クラ”状態である為に、停車時はブレーキを踏む、もしくはニュートラルにする
などをしないと“クリープ現象”という物が起こり、勝手に車が走り出してしまうので注意が必要

だたし、駐車場を走るときや渋滞などの低速走行時、駐車スペースに入れるときなどは微妙なアクセルコントロールが無くても勝手に低速で走ってくれるのである意味便利であろう。

運転方法としてはギアがN(ニュートラル)かP(パーキング)レンジに入っていて、ブレーキを踏みながらエンジン始動、ブレーキを踏みながらD(ドライブ)レンジにシフトレバーを動かせば、後はマリオカートみたいなもの。
アクセルとブレーキとハンドル以外の操作は基本的に必要ない(ライト、ウインカー、ワイパーは各自の判断で)
(ブレーキを踏みながら、と言う項目は最近の車は安全の為にブレーキを踏みながらでないとエンジンが掛からない、シフトレバーが動かないという仕様であって古いAT車には必要ない)

問題点はあまりの操作の簡単さのために、万人が乗れる→スイーツ(笑)やサルの様な馬鹿でも運転が出来る。
また、アクセルとブレーキの踏み間違いによる事故なども起こる。
また、AT車はMT車よりもアクセルコントロールが必要ないので、速度調整をブレーキで行うといった猿人も存在する。
(基本的にアクセルの踏む力や踏み込む量で調整する。)
動画では「ブレーキパカパカAT猿」といったように皮肉られていたりもする。
燃費も悪くなるわブレーキの消耗も早いわで環境によろしくないので、良い子はちゃんとアクセルで調整するんだぞ






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
暇なんで車について語るか(操作方法的な) Black labeled page/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる