Black labeled page

アクセスカウンタ

zoom RSS 今に始まったわけではないが、R33叩いてる奴ってにわかばっかりだよな

<<   作成日時 : 2009/05/20 20:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最近ニコニコでTopGear見てるんだが、

F355、ポルシェの993型、マラネロ、NSX、GTOが出てる中

R33が最速ラップタイム出す→広報チューン乙

何だコノ流れ…

GT-Rは輸出されてないのが車マニアの一般常識だが、
実の所、中東やイギリス、オーストラリアに輸出されている。
ちなみにイギリスには100台が輸出されてるわけだ

大体向こうと日本じゃあ気候から制限速度までさまざまな点が違うだろうに
最低でもリミッターカット、ECUリセッティングぐらいしないとジェレミーじゃなくても
“rubbish(クズ)”って言うような仕上がりになんぞ
(インポートカーでECUのセッティングを日本の気候に合わせるだけで見違えるのは常識)

向こうは日本と違って修理しようにも日産のディーラーがそこまでないわけで、
ボディ合成から足廻りの補強から色々行われてるだろJK
ランエボのことは余り知らないが俺でも初期のランエボを作る際は中東に輸出するための頑丈なフレームで作ったとくらいは知ってんぞ

大体日本車が手抜きされて販売されてるのは車好きなら知っておけよ
向こうは本物が棲む地域なんだから日本仕様のまま向こう持っていったらアジアンカーと同じ扱いだぜ
ボディ剛性から足周りのセッティング、パッシブセーフティetcが全然別物なんだよ
イギリスでは触媒が付いてて、歩行者が怪我する恐れの無い程度のエアロであればほぼ車検は受かる
だが、欧米での車を販売するには結構難しい
S13シルビアは向こうでは売っていない(200SXだったか?アメリカは240SXだったと思う)
なぜかと言うと、洗練されたデザインのためかノーズが低すぎて、ヘッドライトの高さが低すぎて売ってはダメとのこと
そのためリトラクタブルヘッドランプで高さを稼いだ180SXが生まれたのはシルビア好きでは常識
(日本では最初CA18で売ってたからな、180=1800cc SX=SEXY)
トヨタ車なんざAE92の時代で今の衝突安全の基準クリアするような勢いな奴が輸出仕様だからな
(多分オフセット衝突では死ぬかもしれんが普通に壁にぶつかる実験では今の車と余りかわらないように見えた)
10年以上前の日本車で事故ったら死ぬぞと言われてるが輸出仕様ではかなりの差があるってことよ

多分俺がボロッカスにたたいてる車でも輸出仕様車に乗れば多分意見変わると思うぜ





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
今に始まったわけではないが、R33叩いてる奴ってにわかばっかりだよな Black labeled page/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる