Black labeled page

アクセスカウンタ

zoom RSS 13秒切れない雑魚のR34乗りが秋名下りを徹底攻略

<<   作成日時 : 2009/04/06 23:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

秋名下り晴れ3分13秒049の俺の攻め方を書いていくぜ

まずネット的に秋名はこのような見取り図になっている。
重要なコーナーはA〜Uまでのアルファベットで示されている。
画像


転載はあまりマナー的にもどうかと思うので頑張って描いたんだぜ

数字は管理人的にタイムがコンマ数秒〜2秒程度影響が出る所を書いてみたんだ

まず@
スタート直後の1コーナー、抜け方で速度が3キロくらい変わるので重要かも…
R34では2コーナー手前で160、5速車だと161〜3くらい出る。
画像

溝はもちろん使う
147キロくらいで進入、コーナーに入る数m手前から溝に落とす。
コーナー途中から溝に入ると立ち上がりが遅くなる。
管理人が1番良いコーナリングができた時は2コーナーで160、平均的には157くらい
ただ、この攻略はちゃんと壁にぶつけない程度に寄せれる程度のコントロールが出来てないとダメなんだぜ

図で言うAコーナー
左に黄色い標識が見えるので、それをすぎてから余裕を持ってブレーキング
80キロ代前半で進入、出口で77くらいになればベスト
ペナがかかるコーナリングはやはり速い速度でコーナーを曲がる、コーナリング中にアクセルを踏む、この2つが挙げられる。
D4のようにチョンブレでは曲がれない事を頭に入れておくべし
つまり、80キロでしか曲がれないなら利きの良いブレーキを生かして奥まで突っ込んで、80キロまで一瞬で落とし、さっさとアクセルを踏んで立ち上がるのが速いかと言えばこのゲームはそうではない。
曲がれる速度の80キロにあらかじめ落としておき、アクセルもブレーキも踏まずに、ハンドルでラインを修整し、コーナー立ち上がりでやっとアクセルを踏む、コレがベストだ。
慣れるまではアクセルを焦って踏んでケツが出てタイムロスするだろうが慣れるまで練習すべし

Aコーナー後の左は溝があるが気持ち速くなる程度なので無理して使わなくても良い

さて、Aコーナーに差し掛かるわけだ
画像

左、右の左の途中に標識が在る。
ここでブレーキをし、80キロ台で溝に落としながら曲がる、アクセルオンし、3速に入れるか入れないうちに左ヘア
今までの教訓を生かしきっちり減速、余りアウトまで寄せず、緩い左はきっちり溝に落とそう。

右を抜ければBコーナー
ココはアクセルオフで、ガードレールに当たるくらいで切り込む(擦る程度でも可、当てないに越したことは無いが)

CコーナーDコーナーは72キロ程度まで落とすのが良い。雨なら60台に行くかも

スケートリンク前を抜け、速度は160オーバーのコントロールが難しいスピードだ
そこへいやらしく緩い入り口に狭い出口へと続く複合のCコーナーが迫ってくる。
画像

ココは左の路面に速度落とせか何かが描いてあるためそこを目印にし、ブレーキ
80キロ台で曲がり、右、アクオフで勝手に90キロ台にまで減速するのでそのまま左
もちろん両方溝に落とす。
2個目の左は気をつけないと壁ペナ喰らうので注意
D、Eともに溝に落とす。Dは遠心力対策というよりは、最短距離を走るために使っている。
Eコーナーはアクオフす140キロ台で抜ける。
Fコーナーが迫ってくるので路面のゼブラ中盤で余裕を持ってブレーキ、ミドル・イン・インで抜けてストレートへ

長いストレートのドンつきには必ずきついコーナーが来るby岩城清次
Gコーナーが来るわけだ。
Gコーナー手前には右、左車線と路面の色が違う所がある。
ここで、対向車線(右)の路面の色が違う箇所が終わるところでブレーキング
78キロ程度でターンイン ラインはイン・イン・イン

Hコーナーはアクオフか溝落としで抜ければ良い

Tコーナーはミスしがち。左車線にゼブラが確か3箇所あるはずだ
そこで2箇所目〜3箇所目の間からブレーキング、進入速度は78キロで溝に入れる。
丁寧に曲がり、4連を終える。

第3チェックポイント後のMコーナーはパッシングポイントでもあり、アンダーを出しやすい
チェックポイントの真下をすぎて右を見れば小さい標識があるはずだ。
そこでブレーキングし、70キロ代後半で曲がる。
Nコーナーはコーナーの出口に溝がある。
カプチなどにインに強引に入られた時は溝を利用しブロックできるぞ
管理人は一応落としている。
Oコーナーは80キロ台で曲がり、溝も使う。
ブレーキポイントは路面か何かで見分けれる所があったはず…
全国対戦はココを100キロ台で抜けてアドバンテージを取るなり追いついたほうが良い。
Pコーナーはラインをイン・イン・インで抜ける。82キロ進入出口で77くらい
腕に自信が無い人でブーオンならここで後追いの立場に立っておけば慎吾コーナーで抜かせるはずだ。
(4セクゲー乙)
Qコーナーはアンダー出しやすいので全国対戦ではアクオフなどで安全策を取っておくべし
Sコーナーは溝に入れて少し速くなる。 ここでミスる危険がある方は遠慮した方が良い。
火花散らすラインクロスのTコーナーはアクオフ→ターンイン→シフトダウン→加速
全国対戦での最終のUコーナーはペナるへたれも居るので最後まで諦めないこと
後追いでアドバンテージ+25くらいならアクオフ→シフトダウンで強引に抜けるかも

以上で秋名の攻略終わり

追記

86とかと違ってRはミスすると大きくタイムロスする。
管理人と違って全体の操作が流れるように出来ている。
タイムとしては1秒に満たない違いだが腕の差を痛感させられたぜ…



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
長文乙です(・ω・)\

いや〜 やっと自分も13秒切れた(春休みで只今休止中ですが)をですが、その先が中々縮まりませんね;

久々にGT5でも引っ張り出して練習するかな
あるてまウェポン
2009/04/07 18:47
13秒切れない雑魚のR34乗りが秋名下りを徹底攻略 Black labeled page/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる